債務整理をするととても生活が明るくなる

借金なんてこしらえたものだから、自分の人生はお先真っ暗でどうにもなりませんよ。そうお考えの方はとても多く、実際に毎年何百人もの方が国民生活センターや弁護士事務所に相談に行っているのです。そこで今回はそのような債務整理で悩み、実際に行った後にどのように人生が変わったのかについて、その体験談をご紹介を致します。


●債務整理をしたら悩みがなくなったという方

債務整理をする時には面倒な手続きが山程あって大変でしたが、実際に手続きが終わった後にはすがすがしい感覚さえも覚える程、借入金を精算する苦しみがなくなりました。とご意見を聞かせて下さったのは40代の女性です。この方は家の借金をそのまま相続してしまい、親の蒸発と共にその借金を債務整理で整理してしまおうと考えたそうです。持家がなくなってしまうということはとても悲しいですが、自分がこれから先、あんな親のために毎日働いて借金を返済しなければならないと思うと、その方が地獄のように感じるから思い切ったということです。


●子どもにその債務を背負わせてはならない

親の財産はそのお子さんにあたる方が全て相続することが出来ます。家も車も銀行に預けているお金も、そして借金も相続されてしまいます。財産という括りの中に債務も入ってしまうため、お金を相続するということは、借入しているお金も一緒にされてしまうのです。そういったことになってしまうと、お子さんはその後一生苦しみ続けることになります。親は良い資産をお子さんに残すようにして、悪い資産は残さないようにしてあげましょう。