債務整理のためには何が必要なのか

債務整理とは借金に苦しんでいる方へ、法律が救いの手を差し伸べるものです。色々な理由で借金を重ねてしまうという方は多く、自分自身の借入のせいで家族を失ってしまったり生活が出来なくなったりする方もいます。自分の人生をめちゃめちゃにしてしまう前に、債務整理や自己破産を行なって、生活をやり直す心掛けをしましょう。


●債務整理のために準備するもの

自己破産などの債務整理を行う際に必要なものは、まずその破産宣告処理に使うための書類たち一式です。その書類というものは現在借入をしているものの詳細が載っているもの、それに借入によってどのように生活水準が低くなったのかという、明確に数値がわかる書類となります。借金が沢山あるのに豪邸に住んでいると、それは自己破産する前に資産を売り払って返済をしろという指示が来ることもあります。そしてたとえ多くの資産を持っていたとしても、その自己破産をすることでその資産は自分のものではなくなります。


●一度行ったらもう借入は出来ない

一度債務整理をしてしまうと、向こう10年程は借入という借入が出来なくなってしまいますので注意してください。クレジットカードも作ることが出来なくなりますし、人からお金を借りたことが知られてもだめです。